特殊なタイプの印材

特殊なタイプの印材イメージ

印鑑といえばかなり硬いイメージがありますけど、安い素材のものなら温度変化に弱かったりするそうです。
天然系の素材ではなく、合成樹脂系がそれにあたるんでしょうね。

あんなに硬いものが、熱であっという間に形が変わってしまうとなれば結構びっくりしてしまいますよね。
まるで作っている最中の金太郎飴のようになってしまうかもしれません。

銀行印や実印では最近、チタン製の印鑑が流行っているようですが、これは今までの印鑑の印材と比べると、かなり特殊なタイプですよね。

金属製の印鑑なんて、他に聞いたことがありません。
私が知らないだけであって、もしかしたらあるのかもしれませんが・・・。

ですがチタンなら熱にも強そうですし、他の印材よりもさらに硬そうなイメージがあります。
象が上からのっても支えきれるのではないでしょうか。

チタン製の印鑑が粉砕してしまうようなところなんて、想像できませんからね。
でも、硬くても重みには耐えられない可能性もあります。

そもそも何かをのせるために印鑑はつくられているわけではないでしょうから、そんなテストはおこなわれていないことでしょう。
実際にやっていたら、ちょっと面白いですけどね。

金属というのはなんともいいがたい、魅力があるものですね。
やはり人間は見た目が綺麗なものに魅せられてしまうものなのでしょうか。

金や銀だって、古くから人間の憧れの存在だったでしょうからね。
ですがやはり天然素材がいいという人ももちろんいますから、象牙などは印鑑の王とも言えるかもしれませんね。

そうなればチタンは、新しく王の座を狙うルーキー的存在でしょうか。
象牙とチタンの戦いも、ちょっと興味がありますね。

~ 話題のWEBサイト ~

<機能性抜群>チタン印鑑

医療器具や航空機にも使われる純チタン。
錆びにくく、耐食性に優れた性質をそのまま印鑑にしました!
今までのはんこのイメージを覆すスタイリッシュなデザイン!
表面が滑らかで朱肉離れが良いチタン印鑑は、業界で話題の一品です!

チタン印鑑の詳細は【チタン印鑑スクエア】をご覧下さい。

ページの先頭へ